CS新行人:コンビニが私たちの生活をどの

バス作成inessの圧倒的な作業です。これは、新興企業や独立した店舗で明らかです。しかし、CS新商店では、周りの他の中小企業とのプロセスをスピードアップできる可能性があります。このプログラムは、リベート、トップサプライヤーとの提携、報酬プログラムなどのプログラムを通じて、パートナーシップに関与するすべての関係者に利益をもたらすことを目的としています。

CS Shinsyouhinストアは、カナダ西部とオンタリオ州の中小企業と750を超えるパートナーシップを結んでいます。コンビニエンスストアは、商品やサービスへの利便性とアクセシビリティを提供するだけで、人々に大きな影響を与えると考えています。コンビニが好きな理由は他にもたくさんありますが、その一部を以下に示します。 

便利です!

コンビニエンスストアは、アクセスしやすいという理由だけで好きです。ガソリンスタンドがあるときはいつでも、コンビニエンスストアが周りにあり、国中を長距離旅行するときに便利です。彼らはまた人々が旅行中に彼らの軽食を買いだめするのを助けることができます。これは大したことではない人もいますが、旅行中に手に取る時間がほとんどない場合は大きな違いがあります。 

また、これらの店で他の目的のために軽食をつかむことができます。たとえば、真夜中に食べ物を手に入れたいだけで、どこにも行けない場合などです。一部のコンビニエンスストアは24時間年中無休で営業しているため、深夜の欲求を満たすことができます。

食べ物の選択肢が少ない

これらの店は、顧客が好きな食べ物を簡単に選択できるようにかなりの時間を費やしているため、旅行の時間を節約したい人は、近くのコンビニエンスストアに行くときに食べ物の選択肢を少なくすることができます。したがって、多くの時間を節約できます。コンビニが提供する食べ物は、人々が急いでいるときに必要なものです。

コンビニエンスストアはいたるところにあります

2019年、米国には152,000を超えるコンビニエンスストアがあります。これらのコンビニエンスストアの人気が高まるにつれ、より多くのコンビニエンスストアへの需要が高まりました。それらは世界中の人々によって行われる旅行ルーチンの一部になっています。米国の高速道路システムが導入されて以来、これらの店舗はそれとともに成長しました。コンビニエンスストアは都会の環境でも見つけることができます。つまり、通常は地方でしか手に入らないものを手に入れることができます。 

あなたは地元の経済を助けています

いくつかの地元の起業家は彼ら自身のコンビニエンスストアを開きます。多くの場合、これらのコンビニエンスストアは単一の家族によって所有されています。地元の企業を支援したい場合は、大規模なチェーン店に直接行く代わりに、地元で所有されているコンビニエンスストアを検索できます。これらのコンビニエンスストアを検討することは、地域経済とその周辺のコミュニティを後押しすることもできます。 

食品の品質

これらの店のような人々を作る他の要因は、既製の食品と温かい/冷たい/凍った飲み物、タバコ、そしてパッケージされた飲み物です。 

フォローする