和三盆のプリン【ローソン】←原材料名に驚き!

本日2品目のコンビニ新商品は、

ローソン和三盆のプリン

2017年1月31日(火)新発売のコンビニスイーツです♪

和三盆のプリン【ローソン】

和三盆のプリン【ローソン】

小さめの容器の割にお値段が高いので、一瞬買うのを躊躇ってしまいましたが(^_^;)

今日一日頑張ったご褒美に買っちゃいました( ̄m ̄)

スポンサーリンク
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行 こんなに安く楽しめるなんて!

和三盆のプリン 商品情報

はじめに、ローソン公式ホームページの情報を見てみましょう。

和三盆のプリン
ローソン標準価格 245円(税込)

和三盆糖で仕立てたプリンは、上品なキレの良い甘さが特長です。卵は、富士山麓の深層水で育った赤鶏の「きよら卵」の卵黄のみを使用し、素材の良さがひきたつシンプルな仕立てです。

※2週間限定商品

ローソンの店頭でこの『和三盆のプリン』を見つけた時にまず思ったのが、

「和三盆って何?」

ということでした。

商品説明を読んで、お砂糖の一種なのだな、ということは分かりましたが、せっかくなので調べてみました( ^ー゜)b

和三盆糖とは?

wikipediaによると・・・

和三盆(わさんぼん)は、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種である。黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味を持ち、淡い黄色をしており、細やかな粒子と口溶けの良さが特徴である。三盆の名は、「盆の上で砂糖を三度「研ぐ」」という日本で工夫された独自の精糖工程から来たもので、高級砂糖を意味する。

とのこと。

更に、

和三盆は精糖の作業が複雑な上、寒冷時にしか作ることが出来ず、白下糖から和三盆を作ると全量の4割程度に目減りし、途中で原料の追加もできないため、砂糖としては最も高価である。

だそうで、寒さ厳しい今の時期にしか作ることが出来ない高価なお砂糖だということが分かりました。

『和三盆のプリン』が2週間限定商品なのは、こういった理由からでもあるのでしょうね!

和三盆のプリン 食べてみた!

蓋を開けると・・・

和三盆のプリン【ローソン】

しっかり目の透明容器に入っていて、高級感が漂っています。

上手に写真を撮ることが出来なくてプリンの色が白っぽく映っていますが、実際はもう少し黄色っぽいです。

では、いただきます!

和三盆のプリン【ローソン】

パクッ!

Σ(゚∀゚*)

スプーンを入れた感じ、結構しっかりしたタイプのプリンなのだと思ったのだけれど、思いのほか口当たり滑らかでビックリしました!

後味がスッキリしているのは・・・

もしかして、和三盆糖を使っているから??

いつもプリンを食べると、舌の横の辺りがモヤモヤした感じになるのだけれど、それが全くありません。

商品説明にある”上品なキレの良い甘さ”そのものでビックリです(≧∀≦)♪

うん。

美味しい♥

こんなに後味がスッキリしたプリンは初めてです(≧∀≦)♪

和三盆のプリン 原材料名・添加物

和三盆のプリン【ローソン】

『和三盆のプリン』で一番驚いたのが、実はこの原材料名。

原材料名に「牛乳、卵、和三盆糖、グラニュー糖」の4つしか書かれていないのです!

添加物が一切使われていないことに驚いてしまいました。

どれだけ素材にこだわって作ったかが分かりますね!( ^ー゜)b

和三盆のプリン カロリー

カロリー 180kcal

和三盆のプリン 総評価

最後は、管理人の独断と偏見による総評価です♪

ズバリ!ローソンの『和三盆のプリン』の総評価は・・・

★★★★★

★5つ!”かなり私好みな美味しさ!また食べたい!”です!

こんなに後味がスッキリなプリンは初めてでしたし、原材料が「牛乳、卵、和三盆糖、グラニュー糖」の4つだけというのにも驚きで、買ってみて良かった!と思えたプリンでした( ^ー゜)b

とは言っても、このサイズでこの値段は、手に取るのを躊躇してしまいますよね(^_^;)